FC2ブログ
topimage

2020-09

1週間が過ぎました - 2020.05.15 Fri

びびが旅立ち 1週間が過ぎました

今も尚 
トイレシーツを変えてあげなきゃ ご飯入れてあげなきゃ・・なんて
思ってしまう自分がいます

今も傍にいるような感覚があるから こんな気持ちも仕方ないなぁと思っています
DSC06696.jpg
綺麗なお花達です
送って頂き ありがとうございました<(_ _)> 私自身も、とても癒されました
写真では切れてしまったのですが 蕾だった大きなユリが今朝開花しました
びびも喜んでる。。。。。
DSC06697.jpg
小さなお骨になったけど 私の中では今も びびは可愛らしい姿はままです
ありがとうね、びび
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

びびが居なくなって 一番不思議に思っているのが ごぎょう
うっかり「びびちゃん」なんて言ってしまうと キョロキョロ探すので
ごぎょうの前では禁句です

何年か前に動物病院の看護師さんから
「ごぎょうさんは猫が好きですね」と言われた事がありました

猫が好きになったのは びびがいたから 
でも どんな猫さんより びびが一番好きと言うのは見ていて分かりました
他のワンコより 猫のびびが好きだったのですから相当です

家に戻ると必ず待っていてくれた びび
ごぎょうは びびと遊ぶのが嬉しくて仕方なかったようで
お手入れが終わると直ぐに びびのもとへ

おばあちゃんと孫ほどの年の差なのに
よく遊んでいました

大好きなびびがいない 寂しいよね・・・今まで殆どしなかった 足舐めを始めたもの
寂しさやストレスからくるものと思っています

なので 今週は仕事をしなかったり 在宅したり
ごぎょうとの時間を沢山作りました

家に籠っていると飼い主も気持ちが沈むので 毎日一緒に夕散歩に行ったり・・・
_DSC7977-2.jpg
びびの事を ごぎょうは少しずつ忘れていくだろうけど 
_DSC7981-2.jpg
飼い主が びびの事を一生覚えているから大丈夫 

ごぎょうが びびのいない寂しさから早く解放されてくれたら その方がいい

犬も猫も 色々な気持ちがある 心があるんだよね・・・  

今生の別れ - 2020.05.11 Mon

びびの訃報に際し 温かいメッセージを頂きありがとうございました
また 綺麗なお花を頂戴し心からお礼申し上げます
気持ちが落ち着きましたら 個々にお返事をさせて頂きたいと思っています

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 5月10日 午前10時過ぎ
びびを荼毘に付しました 

今生の別れ
DSC06690-2.jpg
今はバイバイ びび
thumbnail_IMG_7200-2.jpg
次に会える時まで すぴちゃんとたまちゃんと 
お空に上がった沢山のワンちゃん 猫ちゃん達と 楽しく過ごしていてね
thumbnail_IMG_7198-2.jpg
貴方を亡くして思う事は やはり 飼い主として反省する事や 悔いる事ばかり
ああしてあげれば良かった こうしてやれば良かったと思うと涙が止まりません

そんな飼い主なのに 大好きでいてくれて ありがとう
びびと暮らした時間の全てを愛おしく思います

18年もの間 本当に ありがとう

IMG_3412.jpg
合掌

突然の別れ - 2020.05.09 Sat

私自身 まだ信じられないのですが
8日金曜日 午後3時頃 びびが旅立ちました
thumbnail_IMG_6705.jpg   
この日の朝 飼い主が横になっていたらお腹の上に乗ってきて
顔をクネクネしていたし

朝ご飯もしっかり食べて お肉まで美味しそうに残さず完食

トイレも問題なく いつものように寝ていました 写真は3日前のです
_DSC7936.jpg
普段と変わらぬ様子 
びびに異変もなく 特別気にする事もなかった飼い主は
隣の部屋で冬物衣料を圧縮パックにかけたり 片付けをしていました

ちょっと休憩と思って びびがいる部屋に戻ると 明らかに びびの様子が・・・
口を軽く開けて目は開いたまま 特に暴れた様子もなく・・・でも
何度か見送った経験から びびが旅立った事は直ぐに分かりました

既に呼吸も心音もない状態 軽く心臓マッサージをしてみましたが戻らず

何にも言わずに逝ってしまったびび  突然過ぎて・・・ 
びびは20歳までは生きてくれると思っていたのに
_DSC7937.jpg
びびは飼い主が大好きだったから 

前々日にはチュールを飼い主の手から食べてくれたり
前日の夜に膝上でナデナデさせてくれたり(抱っこ大嫌いなのにね)
今朝のお腹の上で甘えてくれたり ・・・

飼い主にびびちゃんと触れ合う最後のチャンスをくれたような気がします・・・それは
自分が旅立った後に飼い主が ああしてやれば良かったと後悔し、
自身を責めないためだったのかも・・・

びびは1年ほど前から てんかん発作を起こす事があって 発作の度に呼吸が苦しそうでした
坐薬の抗てんかん薬を入れてあげる事と 飲み薬を継続していましたが
てんかん発作は時々おこっていました

それでも発作が治まると何もなかったようにモリモリご飯を食べて
ごぎょうの残したご飯も食べるほどの食欲でした

血液検査もオールクリアだった健康優良猫でした

直接の死因は分かりません ただ苦しんだ様子はないので 呼吸が止まるまでの時間は
とても短かったと推測します 

気付いた時 体もまだ柔らかく暖かかった・・・

旅立つその一瞬に傍にいられなかった事は後悔ですが
外出してなくて家にいた事はまだ良かったと思います

びびは今まで2度死にかけた事があります
一度目はまだ1歳くらいの頃 サークルの隙間に頭を入れて自力で抜け出せず苦しんでいる所を救助
二度目は真夏に熱中症のようになっていたのを救助
こんな事もあったけど大病もせず長生きしてくれた事は事実

公園でびびを保護して18年 
若い頃はびび~と呼ぶと どんな場所からでも走って来てくれたし
飼い主が大好きって体で表現してくれたし 
どんな時も傍にいてくれたびび 今はただただ ありがとう

先代のすぴちゃんと たまちゃんを知っているのは 飼い主とびびだけ
そのびびが旅立った事で飼い主にとって 一つの時代が終わったような気がします
本当に長い時間を びびと生きてきたんだなぁと思います

「びび お空ですぴちゃんとたまちゃんに会うんだよ
ごぎょうも 飼い主も 100% 後から行きますから その時は宜しくね

飼い主は心にポッカリ穴が開いた気がします
びびちゃんの存在がそれほど大きかったと言う事だね
大好きなびび ありがとう 苦しみのない世界で安らかにね」



ごぎょうは びびがいつも寝ていた場所をじっと見たり
箱に入っているびびを覗き込みますが びびが旅立った事 死と言う事は
理解出来ていません・・・それで良い

悲しい事は分からない方が良い それでいいよ、ごぎょう

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

獣医さんにびびちゃんが旅立った事を知らせると同時に
火葬の事を聞きに動物病院へ

ごぎょうのワクチンがまだだったので注射をしてもらい
火葬のパンフを頂いて 30分駐車場で待機

副作用もなかったので獣医さんに散歩の可否を確認した後
軽くお散歩へ

・・・飼い主は家に帰りたくなかった・・・現実逃避

びびちゃんが旅立った事を本当に受け入れられなかったから

だから いつもの口癖が・・・
「びびちゃんが待ってるから帰ろう」

暫くは この口癖 変わらないだろうな・・・

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

笑顔でいこう

Welcome to my blog. %Please enjoys.

インフォメーション

すぴとたまが虹の橋で幸せに過ごしていますように! また会えますように!  
<愛媛県でヨーキーのジョイくんを探しています> http://supichandayo.blog56.fc2.com/blog-entry-185.htmlを 御覧下さい。 情報提供を求めます。何卒ご協力の程お願いします。

いくつになったの

公園出身  推定年齢

いくつになったの

名前の由来 春の七草 母子草

最新記事

デジタル・コルクマ

デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー(月別)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

アクセス

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理メニュー