FC2ブログ
topimage

2020-08

捨てる神あれば拾う神あり - 2014.12.10 Wed

ずっと前のお話なのですが

私の中でずっと記憶に残っていたことです

まずはこの写真を見て下さい 
(某ブログの画像をお借りしました 掲載主様お借りします<(_ _)>)

20140914071719fbb.jpg
ホームセンターの入口に捨ててあったそうです

この写真を見た方からは多くの批判

「可哀想過ぎる、捨てるなんて酷い人だ」等の意見があったようですが 

文字から高齢者ではないかと思うとの意見もあったようです

私もこの文字を見て、高齢の方ではないかと思いました  

高齢故、簡単にネットを使う事も出来ず、貰ってくれる人の見つけ方が分からない

だから昔よく見かけた 人が大勢行き来する大型店の入り口に置くと言う方法を

選択されたのではないかと推測しました

しかし ディープくんは不幸になる事はなく 愛護団体に保護され

新しい飼い主さんが見つかったとの事 その飼い主さんは 獣医さん

きっと幸せな犬生を今も送っている事でしょう

続けて幸せになって欲しいのはこの子 いつ里に掲載されていました

一人暮らしの飼い主さんが亡くなったそうです 寂しかったね(T_T)

勝手な都合でペットを手放す人もいますが 

飼い主が高齢だったための死別も多いようです

ペットを飼う時に自分に残された時間も考えないといけないですね

じゃぁ高齢者はペットが飼えないのか・・・それは色々な事が条件になるでしょう

それはまた今度


どの愛護団体でも目の前の救われた命を繋ぐ事に追われる日々だと思います

大きな協力も出来ない私からみたら

実際に保護活動をされている方への尊敬はやみません

そんな愛護団体の中の一つ 

アイドッグレスキュー(代表 ケイトさん)では新たな試みが行われています

小学生などを対象とした「次世代の子供たちへ」と題した講演です

多くの子供がこの講演を聞くことで 将来 決して自分のペットは捨てない 

飼うときはよく考える 命を真剣に考える そんな大人が増える事になると思います

One child, one teacher, one pen and one book can change the world.

Education is the only solution. Education First. by Malala


アイドッグレスキューへの講演依頼はこちら
(当面の間は首都圏中心ですが、首都圏以外は相談下さい)






● COMMENT ●

真っ直ぐだもんね。

こんばんは、すぴままさん!

死別ね、
生きているのだから、
常に何があるか分からないけど、

犬にしても猫にしても、
そんな時に、かけがえないこの世に、
たった一つ命の存在を教えてくれますよね。

思いがきっと、人より真っ直ぐでひたむきな分、
すごく悲しい思いをしてるんだろうなと思います。

正直、現代のペットは、人の助けがなければ、
生きていけないのだから、
そのことを、人間側もきとんと認識して欲しいですよね。

そこから、一つでも多くの幸せが生まれるといいなと思います。

やっぴえろさん

こんにちは~

ホントですね、先の事は誰にも分かりませんね。
私にとっても切実な問題ですが、少なくとも私が先に逝くのではなく
ごぎょうとびびの最後を見送りたいです。
意地でもあと15年は生きなければ(^^ゞ

犬や猫の真っ直ぐでひたむきな思い、本当にそうですね。
嬉しいと歓び、嫌だと首を横に振るイヤイヤ(笑) 
飼い主を無条件に信じる姿はたまりませんね。

継続して行われている愛護活動が今後も継続して行く事で
良い方向に進むと信じています。
私が出来る事は限られていますが応援は続けていきたいと思います。
何もしなければ何も変わらないですものね^^

NoTitle

ごぎょう母さん、コンニチワ!
先日は丁寧なメールを頂いちゃって
ありがとうございました^^

確かに置き去りにされてたポメちゃん(かな?)の、
首からかけられたカードの文字は
年輩の方の物に見えますよね。
近くに頼れる方もいなくって、
苦肉の策だったのかなぁ・・・ 
とも思いますが・・・・・・
やっぱり、置き去りにされる子の気持ちはね;;

(もしそうだとして)こういう時に頼れるような
公共の団体が出来るとイイんですけどね~
弱い物に優しくない今の日本じゃ、
きっとまだまだ無理でしょう。
高齢者じゃなくっても、何があるか分からないから
何かの際には頼れる人を
探しておかなくっちゃなのかもですね。。。

だけどホント、
カワイコちゃん達もだけど
飼い主さん達も元気で過ごさなくっちゃですね^^

NoTitle

たまらないです(T_T)
こんなぼくを放ったらかしなんてできないわ
でもよかったねディープくん

ココスくんの飼い主さんは天国へ・・・
とても悲しいね
私も看取ってからといつも思っているけど
こればかりはわかりません
年齢に関係なく急に飼えなくなってしまい手放す方も
いらっしゃることでしょう
わんこにゃんこの里親も年寄り犬が残ってしまいますね
そんな母も里親の協力をしてらしてほんと尊敬いたしております
一つの命いい加減では飼えません
みんなみんな幸せになーれ

★すももママ★ さん

こんにちは~

こちらこそ、コメントありがとうございます(^o^)

多分ポメちゃんだと思います。小タヌキみたいで可愛い子デスね^^
そうですね、苦肉の策だったと思われますが
置き去りにされたディープくんの気持ちを思うと居た堪れませんね(/_;)

すももママさんの仰る通り。弱い物に優しくない今の日本、本当にそうです。
処分の対象ではなく生きる道を見つけてくれる公共の団体が必要ですね。

もしもの時の頼れる人は必要ですね。親族が一番良いと思いますが、そうもいかない事もあるようです。
しかし、すももちゃん達が別の暮らしをするなんて想像出来ないですよ~^^
三位一体、可愛さ爆裂、今のままである事を願ってやみません。
私もですが、飼い主は皆生きて頑張らねばですね、労働も頑張らねばーですね(^^ゞ

飼い主さんが亡くなったマルチーズのココスくんは新しい里親さんが決まりそうとの事です(^^)v

もっちぃママさん

こんにちは~

たまらんですよね(/_;) 私もこの写真を見た時はたまらなかったです。
でも素敵なお家の子になれて良かったです。
飼い主さんが亡くなられたマルチーズのココスくんも
新しい飼い主さんとのお話が進んでいるようです。
こちらも良かったです^^

もっちぃママの「いい加減な気持ちでは飼えない」と言うのはよーく分かります。
私もごぎょうを飼う前に随分、かなり、いや相当、悩みました。
猫だけで良いかなと思った時期もあったのは確かです。
本当ですね、先の事は誰にも分からないですものね。
お互い体を大切にして我が子のために生きねば、ですね。
将来のために始めた「ごぎょう貯金」は全く貯まっておりませんが(^^ゞ
(晩年には医療費が凄くかかると思われるので積み立てておりまする~)

もっちぃママの手はもっちぃちゃんを助ける手、
私の手もごぎょうとびびを助ける手であり続けたいです。
もっちぃママが紹介されたあの言葉、大好きです^^


管理者にだけ表示を許可する

一人  残されてしまいました «  | BLOG TOP |  » 設定ミスかなぁ

笑顔でいこう

Welcome to my blog. %Please enjoys.

インフォメーション

すぴとたまが虹の橋で幸せに過ごしていますように! また会えますように!  
<愛媛県でヨーキーのジョイくんを探しています> http://supichandayo.blog56.fc2.com/blog-entry-185.htmlを 御覧下さい。 情報提供を求めます。何卒ご協力の程お願いします。

いくつになったの

公園出身  推定年齢

いくつになったの

名前の由来 春の七草 母子草

最新記事

デジタル・コルクマ

デジタル・コルクマ | スタンダード・デザインラボ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー(月別)

07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

アクセス

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

管理メニュー